読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さくらのVPS使い始めました

VPS選ぶ

いまさらの感はあるが、VPSを使おうと思った。
一応メインのWindowsにはVMWareが入れてあって、Debian仮想マシン上でいろいろやっていたけど、ネットに繋げさえすればどこからでも弄れる環境があるといいかなーというのが理由。
さすがに自宅のマシンをサーバするほどの気力はないからね。

さくらのVPSは一番よく名前を聞くし、レンタルサーバを使っていたのでアカウントもあった。
悪い評判も目には入らなかったので、深く考えずにさくらを使うことにした。

VPS申し込み

http://vps.sakura.ad.jp/
用途もよく考えてなかったけど、メモリは1GBあればいいかなあという非常に適当かつ曖昧な理由で、「さくらのVPS 1G」プランにした。
既にさくらの会員登録済みであったので、プランと支払方法を選択しただけであっさりと申込みは完了。
すぐに申込み完了メールも届き、Web上のコントロールパネルにもアクセスできるようになった。

OS変更

申込み時直後の初期OSはCentOS一択。
他のOSを使いたい場合は、申込み完了後にコントロールパネルからOS再インストール機能を使って変更できる。
一番使い慣れているDebianに変更。(現在のStableリリースのsqueezeではなく、一つ前のlennyだった)

カスタムOSのインストールが開始すると、Javaのウィンドウにコンソールが表示されるので、通常のDebianインストール手順でインストールを進めた。(apt-sourceの設定とか、いくつかのプロセスはなぜか省略された)

f:id:inoshirou:20110717173638p:image:medium

OSインストールと再起動完了後。自宅マシンからsshで接続成功!

後はお好みに

これで後は好き放題できるので、vim / zsh / screenだのPythonだのといった開発環境を整えて、ごにょごにょと。

感想

思っていた以上にさくっと使い始めることが出来た。
仮想マシンのスナップショットとか取れると便利かなあと思ったけど、それができるサービスはもっと値が張るんだろうなあ。

OSインストールと初期セットアップが自動化できれば楽になりそうなんだけど、Debianのインストール自動化ってできるんだっけ?
初期セットアップくらいだったらFabricでスクリプト書けばそれで事足りるかな。